2008年11月28日

機動戦士ガンダムZZ

来年は機動戦士ガンダムが放送されてから30年が経過する年です。そこで機動戦士ガンダムのテレビシリーズ第3作目、機動戦士ガンダムZZをご紹介してみたいと思います。

「機動戦士ガンダムZZ」は「機動戦士Zガンダム」の続編として描かれている作品で第一次ネオ・ジオン抗争をテーマにして描かれています。
「機動戦士Zガンダム」で見せたシリアスなだけの作品とは違い、コミカルかつテンポ良くストーリーを展開させて行きます。

物語前半はコミカルな感じだったのですが、中盤以降はコミカルな感じを控えつつ通常のシリアスな感じも入ってくるようになりました。
また、物語も終わりの方になると連邦軍、ジオン軍、第三勢力と三つ巴の戦闘シーンが多くなってきますが、見ている子供達にも分かりやすく、政治的な駆け引きは一切無しでジュドー対ハマーンと言うシンプルな戦闘が繰り広げられました。

また、ZZの特徴としては「ニュータイプ」と言う第一作から引き継がれている概念についても大きく描かれていて、「大人が持つ理不尽」と「子供が持つ純真」と言う対極的な考えを重ね合わせながら描かれています。それ故に主人公ジュドーと言う子供が大人を叱ると言う場面もこの作品の特徴と言えそうです。

また、物語の終わりの方で描かれる戦闘シーンですが、モビルスーツが巨大化したり構造が複雑化したりとまるで恐竜並みの進化を遂げているようでした。

物語は前作のZとの継続になっていますが、前作とは一味も二味も違うZZを楽しんでみて下さい。
posted by ガンダム30周年 at 13:52 | TrackBack(0) | ガンダム30周年

2008年11月13日

ガンダム生誕30周年メモリアルプラモデルについて

(株)バンダイより2008年夏、ガンダム生誕30周年を記念して「MG RX-78-2 Ver.2.0」と言うガンプラが発売されています。そのプラモデルの特徴を挙げてみたいと思います。

【特徴1】
ガンプラにおいてTVシリーズで登場したシーンのアクションポーズを再現する事が可能です。今回のプラモデル作成では、今ある技術を全て取り入れ、今まで表現する事が出来なかった可動を実現する事が出来ました。これによってよりアニメに近いしなやかなポーズがプラモデルでも表現出来るようになりました。

【特徴2】
「フルアクションインナーフレーム」と言う、内部的(人間で言う骨格にあたる部分)フレームを取り入れるようにし、特徴1にも挙げられた今までに再現出来なかった動き(可動性能)を実現する事が出来る様になりました。

【特徴3】
「コア・ファイター」と言う飛行機の形からガンダムのコックピットの形に変形させる大きさ、そのコックピットに乗るアムロ・レイの大きさなど1/100スケールで忠実に再現されています。

【特徴4】
ガンダムが装備できる武器もたくさん附属されています。
≪付属武器≫
・ガンダムシールド
・ビーム・シャベリン
・ガンダムバズーカ
・ビーム・サーベル
・スーパー・ナバーム
・ビーム・ライフル
・ガンダムハンマー
以上7種類も付属されている為に色々なバリエーションを持って楽しむ事が出来ます。

このガンダムプラモデルはこれだけ魅力ある特徴がある為、きっとどの世代の人にも受け入れて貰える物だと思います。
posted by ガンダム30周年 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム30周年